スポンサードリンク
スポーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)

--,--,-- --:--Edit

大阪国際女子マラソンで優勝 マーラ・ヤマウチがブログでメッセージ

誰もしらなかったヤマウチさんブログでメッセージを書いたら
大反響だったそうです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


大阪国際女子マラソンで優勝~マーラ・ヤマウチがブログでメッセージ
1月28日19時22分配信 RBB TODAY


 27日に行われた大阪国際女子マラソンで優勝したマーラ・ヤマウチ選手のブログが人気だ。ふだんは5件くらいのヒットが、昨日だけで3万件。反響の大きさに驚いているという。

 先行した福士加代子選手を34km付近で抜き去り、見事自己ベストのタイムで優勝を飾ったマーラ・ヤマウチ選手。優勝インタビューでもきれいな日本語とさわやかなあいさつで好印象をもった人も多かったのでは。実は彼女、オックスフォード大学政治経済学部とロンドン・スクール・オブ・エコノミックスを卒業、英国外務省に入り在日本英国大使館に勤務していた元外交官。ブログではそんな彼女のプロフィールや名前の由来、ギャラリーや競技記録なども用意されている。

 「私のブログへようこそ!  1月27日(日)大阪国際女子マラソンで優勝しました! 沢山の応援をありがとうございました! マーラ・ヤマウチ」とメッセージされた彼女のブログ、一度訪れてみたらいかが。彼女の知性と人柄がうかがえる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000030-rbb-ent
スポンサーサイト

スポーツトラックバック(0)コメント(0)

2008,01,28 22:27Edit

内藤大輔おめでとう!!!ボクシング!

内藤大輔おめでとう!!!

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田)が「亀田3兄弟」の二男で世界初挑戦だった亀田大毅(協栄)を大差の判定で下し、初防衛に成功した。33歳1カ月での世界王座防衛は日本のジム所属選手の最年長記録。
 内藤は今夏、17連続防衛中だったポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)を破って新王者になった。3兄弟の長兄、興毅(協栄)を含めて熱望していた亀田兄弟との対戦で実力を示した。
 今回は亀田兄弟にとってプロデビュー以来初めての日本人選手との対戦。亀田大は王者を見下す発言を繰り返し、挑発しながら注目を集めてきたが、力及ばなかった。

スポーツトラックバック(0)コメント(0)

2007,10,11 21:25Edit

格闘技 吉田突然の“FA宣言”PRIDE離脱か

個人的な意見を言うと、吉田選手にはUFCにいってもらいたいです。
もっと面白い試合ができると思います。



吉田秀彦(38=吉田道場)が突然の“FA宣言”をした。

2日、東京・文京区の講道館で行われた、小学生団体柔道大会の「第1回VIVA JUDO!杯」を視察。

これまで活動休止状態のPRIDEの再開を待っていたが、
今後も大会開催の予定がなく、一転して他団体参戦に興味を示した。

さらに、米国UFCから参戦オファーが届いていることも判明。実戦のブランクが自己最長の9カ月目に突入し、事態が急変した。

 急転直下の心変わりだった。
わずか2日前の会見では、PRIDEの再開を待っていたが、この日は「もう待てない」とキッパリ。

さらに「自分の方向性を決めなければ、いけない時期にきている。PRIDEが今後やるのか、やらないのか、早く答えを出してもらわないと。プロのファイターとして、戦わないと意味がない」と、PRIDEに最後通告を突き付けた。

 3日に38歳の誕生日を迎え、焦りがないわけはない。これまでは02年大みそかから、03年8月10日までが最長ブランクだった。だが昨年大みそかのトンプソン戦以来、実戦から遠ざかり9カ月目に突入した。その間にノゲイラ、シウバらPRIDEの王者クラスがUFCに移籍した。22日のUFC76では弟子の中村らも続く。さらに、所属するJ-ROCKの國保社長は「吉田にUFCから参戦オファーがきている」と明言。心が揺れ動くのは当然だ。

 ある関係者は「日本の格闘技熱を冷めさせないためには、日本に必要な選手」と話し、PRIDEとはライバル関係の、K-1系のHERO’S参戦の可能性も指摘した。HERO’Sにとっても、大物日本人選手が加入すれば、起爆剤となることは間違いない。

 國保社長は「本人は年内に試合をしたいはず。そうなると今月末がリミット」と、PRIDEに動きがなければ吉田の“FA宣言”に追随する考えだ。PRIDEの顔がまた1人、流出する可能性が出てきた


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000022-nks-fight
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000022-nks-fight

スポーツトラックバック(0)コメント(0)

2007,09,03 14:42Edit

大混戦の4x100mリレー決勝!満員のスタジアムが大興奮!

大混戦の4x100mリレー決勝!満員のスタジアムが大興奮!



いよいよ大会も大詰め。注目競技の決勝種目が目白押しです。最大のハイライトは男子4x100mリレー決勝。タイソン・ゲイ選手の3冠なるか、日本のメダル獲得なるか、歴史的なレースを目撃しようとスタジアム満員36,000人の大観衆が声援を送りました。

アメリカは、100mと200m二冠のゲイ選手を3走に据え、アンカーまでに勝負を決める布陣。対抗するジャマイカは、アサファ・パウエル選手をアンカーに置き、追い上げを狙いました。スタート共に、世界最速スプリント国を決める激しい戦いに、大歓声があがります。アメリカチームは、バトンパスでもたつく場面もみられましたが、宿敵ジャマイカの追い上げをかわして見事優勝。開催国の日本もトップ集団に最後まで食らいつく力走で、5位でフィニッシュし、大観衆を沸かせました。

女子4x100mリレー決勝も、アメリカとジャマイカの優勝争いに。3走まで抜群のスピードでリードを奪ったアメリカチームでしたが、ジャマイカのアンカー、ベロニカ・キャンベル選手が先頭を猛追。あわや大逆転という熱戦でしたが、優勝はアメリカチームの手に。この種目、男女共に優勝を飾りました。

いよいよ明日、大会は最終日を迎えます。4x400mリレーをはじめ、決勝種目が目白押し。一流のアスリートたちの世界一を決める熱戦を、スタジアムで是非ご観戦ください!

http://www.osaka2007.jp/news/00000115.html

スポーツトラックバック(0)コメント(0)

2007,09,02 14:37Edit
プロフィール

cawaii

Author:cawaii
よろしく♪時事ネタ・芸能ネタニュースなどニュースならなんでも取り上げます^^よろしく☆

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。