スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)

--,--,-- --:--Edit

世界陸上 タイソン・ゲイ 2冠!タイソンゲイのプロフィール

 陸上の世界選手権第6日は30日、大阪・長居陸上競技場で行われました!
注目の男子200メートル決勝はタイソン・ゲイ(米国)が19秒76の大会新で優勝し、史上3人目となる100メートルとの2冠を達成したみたいですね^^すごいです

 男子110メートル障害準決勝で、内藤真人(ミズノ)と田野中輔(富士通)はともに敗退・・・あう・・・

世界記録保持者の劉翔(中国)は順当に決勝へ進んだみたい^^

同棒高跳び予選で前回8位入賞の沢野大地(ニシ・スポーツ)は5メートル55を2度失敗した後、5メートル65に挑んだがクリアできず、記録なしで落選したそう。

 男子走り幅跳びはアービング・サラディノ(パナマ)が8メートル57で優勝。女子400メートル障害はジャナ・ローリンソン(旧姓ピットマン=オーストラリア)が53秒31で2大会ぶり2度目の金メダルを獲得した。同ハンマー投げはベティー・ハイドラー(ドイツ)が制したです。おめでとう^^


タイソン・ゲイのプロフィール

2005年、彼は200メートルに専念し、自己新記録となる19秒93を出し、世界陸上では200メートルで4着に入った。

2006年7月11日、彼はスイスのローザンヌで開かれたIAAFグランプリ200メートルで世界パフォーマンス歴代5位となる19秒70をマークした。そのレースで彼は19秒63を出したゼイビアー・カーターに次いで2着でフィニッシュし、この19秒63という記録は世界歴代2位であった。

2006年8月18日、スイスのチューリッヒで100メートル9秒84の自己ベストを出した。

2006年9月10日、ドイツのシュトゥットガルトで行われた200メートルでフランク・フレデリクスと並ぶ19秒68の世界歴代3位の記録を叩き出した。

2007年6月25日、インディアナポリスで行われた全米選手権の200メートルで向かい風0.3メートルの悪条件の中19秒62の世界歴代2位の記録を出した。

2007年8月26日、世界陸上大阪大会100メートル9秒85で優勝した。

2007年8月30日、世界陸上大阪大会200メートルで、向かい風0.8メートルの中19秒76(大会記録)で優勝、2冠を達成した。


ウィキペディア
スポンサーサイト

時事ニュース速報トラックバック(1)コメント(0)

2007,09,01 02:18Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL:
世界陸上 タイソン・ゲイ 2冠!
 陸上の世界選手権第6日は30日、大阪・長居陸上競技場で行われました!注目の男子200メートル決勝はタイソン・ゲイ(米国)が19秒76の大会新で優勝し、史上3人目となる100メートルとの2冠を達成したみたいですね^^すごいです 男子110メートル障害準
cawaii☆1号の時事ネタ・アイドル|2007,09,01 02:27
プロフィール

cawaii

Author:cawaii
よろしく♪時事ネタ・芸能ネタニュースなどニュースならなんでも取り上げます^^よろしく☆

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。