スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)

--,--,-- --:--Edit

クレジットカード業界激震

驚きのニュースが舞い降りた
ブラックストーン・グループが、
米データ処理サービス会社のアライアンス・データ・システムズ(NYSE:ADS)を約64億ドルで買収することで合意した
このことによりクレジットカードの処理やその他事務処理サービスを強化できる様子です。



ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米投資会社のブラックストーン・グループは、米データ処理サービス会社のアライアンス・データ・システムズ(NYSE:ADS)を約64億ドルで買収することで合意した。両社が17日発表した。プライベートエクイティ会社による一連の金融データ処理会社買収の最新例となる。

1株当たりの買値は81.75ドルと、アライアンス・データの16日終値である62.96ドルに対し約30%のプレミアムとなる。債務の引き継ぎを含めると、買収総額は約78億ドル。発表を受け、アライアンス・データの株価は急上昇。17日終値は前日比15.50ドル(24.62%)高の78.46ドルだった。

アライアンス・データなどの企業は、クレジットカードの処理やその他事務処理サービスを銀行やその他金融機関に提供している。派手さはないが収益性は高いため、この業界の企業を買収することを多くの投資ファンドが狙っている。

4月初旬には、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が、米情報処理大手のファースト・データ(NYSE:FDC)を総額約290億ドルで買収することで合意している。それと同じ週、地銀のマーシャル・アンド・イルズリー(M&I)(NYSE:MI)は、ウォーバーグ・ピンカスとの取引の一環として、支払い処理部門「メタバンテ」をスピンオフすることを決めている。
スポンサーサイト

時事ニュース速報トラックバック(0)コメント(0)

2007,05,21 15:07Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL:
プロフィール

cawaii

Author:cawaii
よろしく♪時事ネタ・芸能ネタニュースなどニュースならなんでも取り上げます^^よろしく☆

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。